Thank you for visiting my blog.
I will post my arts only Pixiv,Twitter, and this blog.
Please do not repost my art

2017年11月01日

ブレードランナー2049

ブレードランナーチラシ2049.jpg

映画「ブレードランナー2049」を観に行きました☆
ネタばれ無し感想は原作の原題のように
「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」かどうかはわからないけど
この2049も前作のブレードランナーも同じく
「アンドロイド(レプリカント)も夢は見る」と言う感想を持ちました。
とっても綺麗な映画だった。

製作されている事も今年になるまで全然知らなくて突然の
続編で嬉しいのとあの映画に続編・・・と言う想像力が無く
どんな話になるかもわからなかったけど、前作の公開当時劇場に5回は観に行っていて
すごく好きな映画だった。(当時はビデオデッキが家庭に当然のようにある訳でもない
時代、好きな映画は上映中何ども観に行くしかなかった)

DVDも持ってるんだけど、「ディレクターズカット完全版」なので
劇場公開と違ってラストがちょっと違う。
どっちが良いかと言うとやっぱり劇場版の方が好きかな。
だから何度も観に行ったと思う。

んで映画のネタばれは↓で
ブレードランナー2049ネタばれ
posted by kaz at 22:32| Comment(2) | 映画・ドラマ

2017年10月21日

ファンタスティックビーストと魔法使いの旅

ファンタスティックビーストブログ用.jpg

↑映画「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」を先日wowowで放映してたのを
録画で今日やっと時間が取れたので遅まきながらゆっくり鑑賞できました☆
主人公ニュート・スキャマンダー を似てなかろうが描きたくなって観終わった後、
落書きながら描きました。

本当は劇場に観に行くつもりだったんだけど、なんやかんやで行けなくて今に至ります。
映画は行ける時に行きたいんだけど、レディースデイとか劇場のサービスデイが
必ず仕事が休みというわけでもなく、それに合わせて休みを取るのも
中々難しいからしょうがないね。
ま、お金がふんだんにあるなら全ての問題は解決なんだろうけど、万年の金欠市民なんで
しょうがない、同じ事を安くできるならそれに越した事はないって事です。

↓大したネタばれもないんで、畳まないで感想を。

***********************************

映画、面白かった!可愛いしでも深刻だし、ハリー・ポッターとはまた違う時代と世界だけど、
同じ「魔法界」を共有する部分が違う側面で良い。
映像的にもすごく満足で、可愛いビースト達とお愛想の会話以外朴訥な主人公ニュートが
とっても良い。
人当たりが良さそうな見た目に反して魔法界の動物しか実際心を開いてなくて
愛してなさそうな感じも良い。

ニュート・スキャマンダー役のエディ・レッドメイン(Eddie Redmayne)さん、
劇中若いんだかそこそこ年齢重ねてるのかわからない顔なんだけど、とっても愛くるしい。
実際のご本人より、この役の時の感じの方が良い。
この方、他の役でもすごくなり切って出来るんじゃないかな〜と思える。

続編があるみたいなんで、今度こそ映画館へ行きたいな。
 
今回のハリポタシリーズのスピンオフ作品、ロード・オブ・ザ・リングの
「ホビット三部作」、外れがなくて素晴らしい。
もちろんスターウォーズもね☆
posted by kaz at 20:05| Comment(0) | 映画・ドラマ

2017年10月18日

映画「KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV」

イグニスシャツカラー完成.jpg

↑先日描いたイグニスの絵を色塗り。

今日は休みだったのでwowowで先日録画していた
「KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV」を観た。
ゲームFF15の主人公ノクトが旅立ったすぐ後の話みたいで
去年ゲームの前にフルCG映画で上映されてたそうな。

正直FF15を今年はじめにプレイするまであまり何も考えてなかったので
映画の存在もアニメ等も注視してなかったけど
ゲームがここまでハマるとは!って感じで今更ながら
wowowで「字幕版」が放映になったので録画しました。
字幕版を放映してくれてすごく嬉しい。
映画の日本語版ってネットであまり良い意味じゃない評判だったし。
ゲームも英語版でプレイしていたので違和感無し。
レギス王の声、ショーン・ビーンだそうでナイス☆

ゲームでも日本語だと同じ台詞の繰り返しが
気になって技を出すたび同じ台詞を言うのがすんごい耳に残るし
移動中の雑談も繰り返し感があるんだけど、
英語だと自分が全然わからないから気にならないw

んな訳でゲームは英語版に即切り替えたので、
私にとっては映画も字幕版じゃないと辛い。見た目も超欧米だし。
んでプロンプトの声が英語の方がハスキーで
見た目にすごく合ってるので大好き。

この映画、フルCGだけど、本当にリアルで実写も混じってない?って思うほど。
手とかってCGとリアルの境目にあると思うけど、指紋まである緻密さ
ここまで来てるのかーって驚き。

ストーリーはノクトが旅立った後でゲーム内では一番何が起こったのか
わからないけど、故郷を失った感だけはある重要なお話。
グラディオの父も出ていて、あまり似てないけど、素敵。

ゲームをする前に公開のこの映画、正直映画としてはゲームをする前に
観て話の何をどれだけ理解できるかが疑問。
ゲームをやってからの方が良いと思う。「ゲームでは詳細がわからなかった部分」
なので知りたい欲もあるし。
逆だとよくわからんないけど、後に出るゲームの前触れみたいな感じで
誰が誰か全然わからないし世界観もゲームのように長時間使って理解する事って
出来ないから微妙だと思う。

ゲームした後で見た私なので十分堪能できたし、主人公ニックスのアクションを見て
ゲームもしたくなったし、武器「ウリックの双剣」も映画を観るまでは、
よくわからないながらも、ゲットして使ってるけど映画を観て、じーーーん・・。
コルやルナの移動の行程等々ゲーム内でその後展開される人間関係や所在地などが
もう一回知りたくなったのでまたゲームがやりたくなった。

映画観たら主人公のニックスを描いてみたいんだけど
リアルすぎてすんごい難しい。
タグ:FF15
posted by kaz at 21:43| Comment(0) | 映画・ドラマ

2017年10月12日

アウトレイジ最終章

アウトレイジブログ用.jpg

映画「アウトレイジ 最終章」を観に行きました。

「アウトレイジ」「アウトレイジ ビヨンド」が好きなので
やっぱり最終章の最後が観たかった。

ネタばれ無しの感想は
「最後まで見て気が済んだ。観てないと気になってしょうがなかったと思う」です

白竜さん超格好良かった☆
花田(ピエール瀧)はこの映画に無くてはならない
調子乗った野郎、こいつをボコボコにしばいてやりましょーって
思えるある意味良い役。

ネタばれ感想です
posted by kaz at 17:47| Comment(0) | 映画・ドラマ

2017年10月03日

映画「怒り」

naoto.jpg
↑映画「怒り」を観ながら落書きの直人(綾野剛さん)

映画「怒り」をwowowで観た。
色々強烈な映画。まだ捕まってない逃亡殺人犯に似ている3人の男が
各地でミステリアスな生活をしていて、誰が真犯人かわからない
3人とも疑わしい・・・・っていう中での人間関係のドラマ。

綾野剛、松山ケンイチ、森山未来、の三人が見た目の容疑者。
うーんこの三人なんとなく似てるようなそうでもないような。
どっぷり引き込まれるストーリー。

以下ネタばれ↓
続きを読む
posted by kaz at 21:36| Comment(0) | 映画・ドラマ