Thank you for visiting my blog.
I will post my arts only Pixiv,Twitter, and this blog.
Please do not repost my art

2017年07月20日

神戸と須磨寺の旅

今日は仕事が休みで、神戸に用事があったのでゴー!
ちょうど昼時だったので、何を食べようか迷ってたんだけど
神戸といえば「ビフカツ」!を体験した事ないんでお店をブラブラ見てたけど
思ってる以上にビフカツって無い。とんかつはあるけど。

うーーーん、せっかく神戸に来たから神戸にしかない店
神戸や兵庫県だから!ってな料理を食べたかったんだけど、こう言う時って
ウェブ開放してないガラケーな私、検索もできないw

困りながら歩いてたら「さんちか」へ(三宮地下街の愛称だそう)
まだ食べた事がない食べ物「刀削麺」のお店が!麺の元の塊の生地を
削りながら茹でるスタイルの麺料理、食べたい!って事で
福龍門のカウンターのみのお店さらに麺を削って実演調理しているので
楽しさと期待倍増☆

福龍門 ラーメン.jpg

麺うまーめちゃ美味しい、最高、もう今また食べたいって言う衝撃有り。
食べ物って好き嫌い一応無いんで、何でも美味しい派なんだけど、
「こ、これは!」って言う衝撃の味は数少ない。
その中でこの刀削麺は「こ、これは・・!」って味。最高ー
備え付けの「味噌」みたいなのを少し入れたら、一気に本場感倍増w
あー・・・食べてまだ10時間くらいしかたってないけど、もう食べたいわ。

食に満足したので、このまま大阪へ帰るのには勿体ないやら
早すぎる午後1時なんで、前から行きたかった「須磨寺」へゴー

阪神電車乗ってたはずが、何故か山陽電車に。不思議なんだわ・・・
須磨寺駅.jpg

駅降りてすぐ参道があってお店も沢山あって楽しい。
平日の午後昼下がりなのに参拝の人々も結構居て良い感じ。

そして有名な平家の平敦盛の首塚を拝む事に。平家物語で一番印象に残ってる。
源平庭.jpg
↑敦盛と直実の戦いの場面が再現された庭

敦盛首塚.jpg
↑敦盛の首塚

首塚立て札.jpg
↑説明の立札 首と胴が別々に埋葬されている悲しさ。

少年を斬る哀しさや首を差し出す潔さ、今の日本では考えられないんだけど
歴史上の人々ってめちゃ若いのにめちゃ大人。私の年だともうそろそろ死んで
なきゃだめなんだけどそれでも昔の偉人の立派さのかけらもないんだわw

んな訳でしんみりしたけど、帰りも須磨寺駅から山陽電車に乗ったつもりで帰ったけど
阪神電車扱いの梅田行きだったので、三宮で奈良行きに乗り換え
大阪難波で降りました。でも降りた駅は近鉄と共有なのかな。阪神電車、全然わからない!w
でも私の住んでる所からだと神戸に行くのに便利w
posted by kaz at 22:42| Comment(0) | 散策・旅

龍が如くOF THE END

真島.jpg

↑真島の兄貴

PC作業をしていてiTuneをかけていたら龍が如くシリーズのサントラが
流れまくっていてずっと聴いていたら
急に真島の兄さんの絵が描きたくなって落書きながら描きました。
服はいつものスネークスキンジャケットじゃなくて、東城会の幹部会議で着てたスーツ。
こっちも好き。でもいつもの服だと刺青が見えるのでそれも好き。

カラオケ曲も好きなんだけど、一番好きなのは歌だと
「龍が如くOF THE END」のエンド曲の「わすれない」が良い。
あの異色のゾンビゲーム、めちゃ面白かったし、この曲を
聴くと荒瀬を思い出してしまう。(結構好き)

あのゲーム、龍司も帰ってきたし(えーっとゾンビじゃなくw)
好きだったんだけど、地下にあの亜門が居て50階くらいまで
降りて対決した時一回目ビームにあたって即死した苦い思い出有り。
その後制覇したのでトロフィー100%取れたけど
最高難易度モードはもう自分がどこに居るかわからんくらいの数の
ゾンビに襲われてバイオハザードどころじゃないゲームだった。

話は戻って「わすれない」って曲、後に発売の「龍が如く0」をプレイした時
この0の真島にぴったりの曲やん!!って感動した思い出が。
格好良かったわ〜。真島っていつも格好良いけど
真島戦は嫌い、トリッキーなファイトスタイルがつかめなくて
何度も刺されまくってイラ〜〜〜w
1で初めて会った時、「桐生もビビる真島の兄さん」って感じで
傘で殺されるのかなと思ったw
posted by kaz at 01:07| Comment(0) | 龍が如く

2017年07月17日

FF12が出たけども

プロンプト座ポーズ.jpg

↑プロンプトで絵の練習

先週FF12ザ ゾディアック エイジがPS4で発売になったので
とってもプレイしたい。ファンタジー全開の世界をプレイしたいんだけど
ファンタジーっぽくないFF15から離れるのがどうしても寂しいw

FF15のドライブ中の音楽はFF6かFF12をBGMをかけていて、
音楽を聴くたび懐かしいと思いプレイしたくなる。
でも15でもっと遊びたいんですよね。

最強武器を求める各ダンジョンの鍵クエストがまだ数箇所残ってるし
車がまたモデルチェンジしてオフロード仕様になったから
色々ドライブしたいし。

うーん・・・バッシュやバルフレアと冒険したい気持ちも膨らむ一方なんです。
posted by kaz at 20:11| Comment(0) | FINAL FANTASY

2017年07月14日

レオンで落書き

ヴェンデッタレオンツイッタ様.jpg

↑CG映画「バイオハザード ヴェンデッタ」のレオン
何となくの落書き。

クリス描きたいけどコスチュームがわからない。
あっちこっちからの公式画像を脳内でじっくり統合する時間も無いので
やっぱDVDが出たら・・と思うけど、正直もう映画の内容ほぼ覚えてない。

CG1作目も映画館で観てDVD持ってるけど計2回程度しか観てなくて内容覚えてない
2作目は観たけど、観たことも忘れてたくらい全く覚えてない。

やっぱバイオはゲームでプレイするのが楽しいし、格好良い〜んって思える。
映画も格好良かったけど、ゲームほどではないかな。

なんでだろう。
映画って完全受身だからかな、安心して観られるけど
ただの傍観者で終わるのと、現実の時間を思いっきり割いてサバイバル体験する
思い入れとはかなり違うのかもしれん。
posted by kaz at 22:44| Comment(0) | バイオハザード

2017年07月08日

パイレーツ・オブ・カリビアン Dead Men Tell No Tales

ブレードランナー.jpg

↑10月公開の「ブレードランナー2049」のチラシ
折らないとバッグに入らなかったから、折ってしまった
勿体無い事したなー裏はハリソン・フォード版だったんだけど、もっと
折れ線が目立ってたんで、こっちだけスキャン。

リドリー・スコット監督が製作総指揮とあるんで一応安堵。
あの監督が絡んでないとこの世界はもう無い。
主人公のハリソン・フォードが重要ではなく監督が重要で
映画=監督の物と思えた作品の一つ。

んで、本題は、高齢の母が「パイレーツ・オブ・カリビアン」の
ジャック・スパロウのファンで、どうしても観たいと。
確か一作目も「この映画観たいねん」と数年前に一緒に観に行って
私が昔からの周潤發のファンだったので何作目か
忘れたけど、それも一緒に観に行きました。

高齢の母を電車に乗らず連れて行ける映画館を考えたら
堺浜(堺市の海の近く)にある映画館が良いんじゃないかと
車も3000台駐車出来てしかも無料だしって言うのを
知る人ぞ知る的な感じで存在してたのを思い出しました。

大阪市内に住んでると失念してしてしまうのですが
堺市の近隣の駅から送迎バスが出ているそうなんで、それでゴーできるそうです☆

先日「バイオハザードヴェンデッタ」もその下見をかねて行ってみて
母が行ける設備があると言う事で、今回行きましたが
スタッフの方もとっても親切でよかった。

映画観るならもうここだな。バイオのCG映画もやってるくらいなんで
話題の映画はほぼやってくれてるしね。

んで肝心の映画の感想だけど、どのシリーズも
退屈しないしあまり難しい話でもないし、大画面、大音響で楽しむには
最適な映画。毎回思うけど、映画館で観て楽しくても
数日たったら内容忘れてる映画。
良いねん、そんな映画が映画館で観る価値あると思うねん。